妥当な方法

実際に成年後見人となった時、しなければならないことって結構多くあったりします。書面による裁判所や後見監督人等への報告もしなければならない時がありますし、 煩雑な手続きを踏まなければならないこともあり、そのときやっぱり弁護士に依頼すれば良かったのにという気持ちに至るのではないでしょうか。

後から後悔する人たちも大変多いので、やっぱり最初から弁護士に依頼するモチベーションが正しいのではないかと言うことが出来ます。とにかく普通の人たちには慣れないことばかりの体験なので、それを自信もって出来るというのなら話しは別です。

いずれ専門家に相談しなければ分からないというシーンにも遭遇してしまうことでしょう。財産管理の問題に対しては、やっぱり親族といえ人様の財産管理をするということ自体、そのまま責任が重くのしかかって来るものです。適切に処理をしなければ後々大きなトラブルの原因ともなってしまうでしょう。不正を疑われてしまうこともあるかもしれませんし、相続争いの大きな火種になってしまうかもしれません。 適正な財産管理はどのような方法で出来るのかということについて考えると、やっぱり当然のこととして弁護士に依頼することが妥当な方法なのです。

推奨サイト〔http://www.star-law.jp/individual/guardianship/
・・・成年後見・財産管理の相談が出来る「スター綜合法律事務所」のサイトです。

 

誰が成年後見人に?

弁護士にはじめから、成年後見人の問題を任せていれば、とてもスムーズにことが進んでいくケースがとても多くあります。法律のプロフェッショナルといえば、弁護士以外にも、
司法書士や社会福祉士なども考えることが出来ますが、 やっぱり一番その中でも法律に精通している人間といえば弁護士であり、弁護士ならあらゆる法律問題と向きあい対処してもらうことが出来ます。

このような人たちは、他人との交渉や争いごとの解決にも慣れている人たちなのです。みなさんがそのようなシーンに遭遇して、ただ躊躇するだけでまともに交渉出来ないシーンがいくつもあるかもしれません。ですからそのような問題ははじめから弁護士に任せておけばいいのです。

何が起こっても一番安心することが出来る方法ではないでしょうか。弁護士に成年後見人になってもらわなければ、まず第一に候補にあげられるのは子供さんなど近いご親族ということになるのではないでしょうか。そのようなとき実際にはそれぞれの人たちには、それぞれの生活があり、責任は重い負担としてのし掛かってくることになります。普通の生活をしていてプラスαそのような人たちは後見人の仕事もしっかりこなしていかなければなりません。そんなことはそもそも現実的なことではないのかもしれません。

 

成年後見人の財産管理

成年後見人について今、いろいろと考えている人たちもいらっしゃるのではないでしょうか。その時、弁護士に依頼するということもひとつの方法であることを考えていただきたいのです。彼らは法律のプロフェッショナルなのです。

そのような人たちにお願いをすれば、財産管理などのとき、 後見制度を含め、様々な制度を組み合わせ対応することが可能です。遺産分割の問題を回避するために、任意後見や死後委任契約、遺言書の作成などを様々組み合わせて活用することが出来るメリットがあります。そのような人たちは当事者となって遺産分割をすることが出来ます。

親族がなるという場合もあるでしょう。そのようなとき、本人と後見人の利害が対立してしまうことがあります。相続という問題は、とても難しい問題を抱えているようです。相続が発生して、本人と後見人が同じ相続人の立場になったというケースにおいて、特別な場合を除いては利益は相反するものだというみなされ方をしてしまい、それでは有効的な遺産の協議を行うことが出来るはずはありません。

そのような時、「特別代理人」といった人の選任を家庭裁判所に申し立てする必要がありますし、後見監督人が選任されている場合には、後見監督人が代理として遺産分割協議に参加するということになります。しかし、この時既に法律のプロフェッショナルに任せている場合には、このような面倒くさい作業にはもう悩まされる必要はありません。それはまさに一番ベストな方法ではないでしょうか。