誰が成年後見人に?

弁護士にはじめから、成年後見人の問題を任せていれば、とてもスムーズにことが進んでいくケースがとても多くあります。法律のプロフェッショナルといえば、弁護士以外にも、
司法書士や社会福祉士なども考えることが出来ますが、 やっぱり一番その中でも法律に精通している人間といえば弁護士であり、弁護士ならあらゆる法律問題と向きあい対処してもらうことが出来ます。

このような人たちは、他人との交渉や争いごとの解決にも慣れている人たちなのです。みなさんがそのようなシーンに遭遇して、ただ躊躇するだけでまともに交渉出来ないシーンがいくつもあるかもしれません。ですからそのような問題ははじめから弁護士に任せておけばいいのです。

何が起こっても一番安心することが出来る方法ではないでしょうか。弁護士に成年後見人になってもらわなければ、まず第一に候補にあげられるのは子供さんなど近いご親族ということになるのではないでしょうか。そのようなとき実際にはそれぞれの人たちには、それぞれの生活があり、責任は重い負担としてのし掛かってくることになります。普通の生活をしていてプラスαそのような人たちは後見人の仕事もしっかりこなしていかなければなりません。そんなことはそもそも現実的なことではないのかもしれません。

 

Pocket