成年後見人の財産管理

成年後見人について今、いろいろと考えている人たちもいらっしゃるのではないでしょうか。その時、弁護士に依頼するということもひとつの方法であることを考えていただきたいのです。彼らは法律のプロフェッショナルなのです。

そのような人たちにお願いをすれば、財産管理などのとき、 後見制度を含め、様々な制度を組み合わせ対応することが可能です。遺産分割の問題を回避するために、任意後見や死後委任契約、遺言書の作成などを様々組み合わせて活用することが出来るメリットがあります。そのような人たちは当事者となって遺産分割をすることが出来ます。

親族がなるという場合もあるでしょう。そのようなとき、本人と後見人の利害が対立してしまうことがあります。相続という問題は、とても難しい問題を抱えているようです。相続が発生して、本人と後見人が同じ相続人の立場になったというケースにおいて、特別な場合を除いては利益は相反するものだというみなされ方をしてしまい、それでは有効的な遺産の協議を行うことが出来るはずはありません。

そのような時、「特別代理人」といった人の選任を家庭裁判所に申し立てする必要がありますし、後見監督人が選任されている場合には、後見監督人が代理として遺産分割協議に参加するということになります。しかし、この時既に法律のプロフェッショナルに任せている場合には、このような面倒くさい作業にはもう悩まされる必要はありません。それはまさに一番ベストな方法ではないでしょうか。

 

Pocket